菊井鋏研究所

和歌山の理美容シザーメーカー、キクイシザースのブログです。

【ものづくりを訪ねて】西陣岡本さまの個展の話

和歌山でハサミを作っているキクイシザースです。

 

以前工房を見学させていただいた西陣岡本さまが個展を開くと言う事で、

Horikawa AC Labまでオープニングパーティにお邪魔しました!

f:id:kikuiscissors:20190323080715j:image

okamotoorimono.com

 

美味しいお料理と、岡本さんご夫婦の本棚から選ばれた100冊の本、キラキラと輝く金襴織物。

織物と刃物はまったく異業種ですが、ものづくりに携わる方々と語らうことができ、

刺激に満ちた贅沢な時間を過ごしてきました。

 

つながりのイノベーション

技術を持つ人、西陣に関わる人々、京都の伝統工芸を支えている人、その技術を外へ広めようとしている人々、色々な人たちが集える場所を作ることが出来たら、とても楽しい。

堀川AC labにて個展のお知らせ | 西陣 岡本

西陣岡本さまの個展案内に書かれてる一節ですが、コレいいなぁと感動します。

伝統工芸や手工芸のものづくりは、絶えず時代に合わせたマイナーチェンジはしています。

でも、守るべきものもたくさんあって、商品そのもののメジャーアップデートと呼べるような変革は頻繁には起こりづらい世界だと思うんです。

 

ですが、職人が作っているものや技術は代々受け継がれた家業であっても、

ここ最近、人とのつながり方は大きく変わってきている気がします。

今までブラックボックスだった職人の世界をもっと知ってもらっていいし、

ユーザーの声をもっと聞いてもいいし、新しい人とコラボしてもいいし、

職人自らがいろんな場所に飛び込んで世界を広げていってもいい。

 

モノの進化だけでなく、いまいろんな世界の職人・作り手の意識が変わってきて、

人とのつながりも加速的に変化している。

それもひとつのイノベーションなんだと、ここ最近そんなことを肌で感じています。

 

その中でテキスタイルを作ってきた岡本さんが、その仕事を個展というカタチで表現し、

そこにさまざまな人が集うということが、本当にイノベーティブだなぁと!

 そんなことを伝統産業の都・京都で感じて帰ってきました。

 

個展の詳細情報は西陣岡本さんのホームページから~

okamotoorimono.com

 

個展は3月22日から27日までの期間Horikawa AC Lab で開催されています。

23日と24日は子どもも楽しめるワークショップもされるということで、

伝統を次の未来につなぎたいという岡本さんの想いも感じました。

西陣の技を身近に感じる素敵な展示ですので、この機会にぜひ、足をお運びください!

f:id:kikuiscissors:20190323123005j:image