菊井鋏研究所

和歌山の理美容シザーメーカー、キクイシザースのブログです。毎週金曜、更新します。

米国スタイリストのオーダーメイドシザー制作のウラ側

和歌山で美容師さん・理容師さんのハサミを作っているキクイシザースです。

以前ハサミのオーダーメイドの話を記事にしましたが、全国のお客さまからオーダーメイドのご依頼をいただいています。

www.kikuiscissors.net

 

海を越えたオーダーメイドにも挑戦してます!

過去の記事でも少し写真を出したこちらのシザーはアメリカのお客さまからの依頼。

f:id:kikuiscissors:20180111122337j:plain

カタチはシンプルなメガネタイプですが、指リングにわずかなヒネリを加えたり、刃厚を少し薄めにしたり・・・

他にも細かなこだわりが随所にちりばめられた、Kikuiらしい「マニアックな」シザーに仕上がっています。

 

11月のアメリカ出張のときにハサミ販売業者さんから、

「僕の顧客のスタイリストが、こんなハサミが欲しいと言っているんだけど・・・」

という相談を受けたことがきっかけで、

「じゃあ、やってみよう!」

と話がスタートしました。

f:id:kikuiscissors:20171202111802j:plain

僕の向かい側に座っている2人がハサミを売っている業者さん。

カリフォルニアのオレンジカウンティを中心にまわっている親子です。

 

ココをああして、こうして・・・

聞いていくと本当に細かな要望が次々と出てきて、こちらも「じゃあこうした方がいいんじゃない?」と話が弾んでいきました!

 

ミーティングのあと、日本とアメリカでメッセージのやり取りを重ねました。

アメリカからもスタイリストの使い方を動画で送ってもらえたので、使い方のイメージが共有でき、加工内容の提案もできました。

やはり言葉の壁があるので大変でしたが・・・

スマホで気軽に画像を送り合うことが出来るのでなんとかなりました!

 

スタイリストにも売り手にも喜んでもらいました

そんなやりとりの末に、1月初旬にシザーが仕上がりました。

通常より少し時間が掛かってしまいましたが、お客さまを巻き込んで一緒に作ることが出来て、スタイリストからも売り手からも喜んでいただけました。

「細かいオーダーにも対応できるKikuiのものづくりをもっと知りたい!!」

ということで、3月末には販売業者さんがはるばる日本までやってきます。

 

海外との細かい打合せでやりとりに苦労しましたが、いいハサミを作ることが出来て僕たちの自信にも繋がりました!

 

オーダーメイドの依頼はコチラをご参考に!

ホームページでも、僕たちKikuiに出来るオーダーメイドの一例を載せています。

www.scissors.co.jp

載せているのはごく一部の分かりやすい加工例ばかりで、本当はもっと細かいご要望をいただく事も多いのですが…

「こういうハサミを作ってもらいたい」など、皆さんの道具に対するこだわりを気軽にお寄せください!

友だち追加